【テセウスの船4話ネタバレ感想】 最悪の未来にもどって 

 

この記事はテセウスの船4話のネタバレ感想についてまとめています。

 

真犯人はいったい誰なのか?

 

あの「音臼小の事件」はどうなったのか?

 

父の運命は?そして家族の運命は?

 

事件当日が迫ってくる中、やっと父に本当のことを打ち明けたのに、突然心だけが現代に戻されてしまいました。

 

現代に戻った心を待っていたのは、やはり事件は起きていて、父は犯人として逮捕されていたという現実。

 

心は父の無実を晴らせるのか?

 

犯人の手掛かりを見つけることができるのか?

 

新しい展開を考察していきます。。

 

テセウスの船4話ネタバレ

テセウスの船 ネタバレ感想 4話

出典:テセウスの船公式サイト

 

平成元年から現代へ

令和2年に戻った心は、音臼小の事件は起きていて、父が容疑者として逮捕され死刑判決を受け、母と兄が亡くなっていたことを知る。

 

タイムスリップする前より悪くなっていた。

 

心は自分の部屋に戻るが、そこに妻の由紀と赤ん坊のミクの姿はなかった。

 

未来を変えてしまった。

 

思わず由紀の実家に向かうと、仕事から帰った由紀に声をかけられる。

 

由紀は、週刊誌の記者になっていたのだ。

 

心は「加害者の息子」としてどう思うか?と問いかける由紀に耐えられず、逃げ出した。

 

変わっていた事件の真相

数日後、刑務所にいる父の面会に訪れた心。

 

父は「待ってたよ。心さん」と言い、心がいなくなった後の話を聞かせてくれた。

 

オレンジジユースではなく、はっと汁の中に毒は入れられていた

 

その後、家から青酸カリが見つかり父は逮捕されたのだ。

 

父はもうすっかりあきらめているようだった。

 

そして、姉の鈴が赤ちゃんができたと言って面会に来たと言った。

 

姉(鈴)の見つけた居場所

心は姉の鈴に会いに行った。

 

すると鈴は、顔を整形し、名前も変えて生きていた。

 

過去は捨てて生きていきたいから、もう心にも会わないと言う鈴。

 

そこに、鈴の内縁の夫とその母が通りかかり、家に誘われてしまった。

 

家に上がると、偶然「音臼小」の写真を見つけて驚きを隠せない心。

 

なんとその鈴の相手は、音臼小出身の加藤みきおだったのだ。

 

みきおは、事件で足が不自由になり車椅子に座っていた。

 

そんなみきおを不憫に思い、当時の教師 木村さつきが、養子として引き取ったというのだ。

 

そんな危ない環境にいるなんて、ちょっと衝撃を覚えましたけど。

 

かすかな希望

心はネットで事件のことを調べるうちに「被害者の集い」が開かれていたことを知る。

 

でもそれ以上の情報はなく、今も開かれているのかはわからなかった。

 

心は、事件を追っている由紀なら、情報を持っていると思って、由紀を呼び出した。

 

しかし、「加害者の息子が行ったら、どんなことになるかわからないの?」と反対するのだった。

 

でも、心の父を無実の罪から救う方法は他にはないという熱い思いに、心を動かされ、次の「被害者の集い」の詳細を教えてくれたのだ。

 

心は、鈴をカフェに呼び出して「被害者の集い」に行くことを相談した。

 

最初は反対していたが、母のさつきとみきおが欠席することがわかると、行くことに同意してくれた。

 

ところが、物かげにはさつきの姿が!!鈴は監視されていたのだ!!

 

 

被害者の集い

当日、心が会場に着くと、心配してくれたのか由紀が来てくれていた。

 

心が、会場に入ろうとすると、さつきのスピーチの声が聞こえてきて、愕然とする。

 

「来ないって言っていたのに・・」

鈴を監視していたのはさつきで、心を会場に入れないために、急遽参加していた。

 

心は、姉のことを思うと、どうしても会場に入ることができなかった。

 

すると、由紀が心の代わりに壇上にあがり、父の無実を訴えて、情報をくれるように頼んでくれたのだった。

 

水をかけられ、怒鳴られても。

テセウスの船4話 感想

テセウスの船4話私の感想

突然また、現代に戻されてしまった心ですが、タイムスリップする前よりも状況は悪化していました。

 

由紀も、以前のような心の妻ではなく、週刊誌の記者で、心に加害者の息子としての意見を求めた時は胸が痛みました。

 

でも、ふたりを取り巻く状況は変わっていても、由紀はやはり心の味方になってくれました。

 

最後、水をかけられ、ののしられても、心の父の無実を訴える由紀に胸が熱くなりました。

 

上野樹里さんの演技力のすばらしさもありますが。

 

 

ほんと、これでもかという不幸と、疑惑や不信感だらけだった4話でしたが、そこだけが救いでしたよね。。

 

しかし、なんでまた、姉の鈴は、当時の関係者といっしょにいるんでしょうか?

 

他の人を選んだ方が、どれだけ気が楽か・・整形して名前も変えているなら、その方がいいですよね?

 

ちょっと、謎でした。

 

しかし、さつき先生が怖すぎます。

 

見た目もめちゃ怖いんですが、行動が陰湿すぎて。

 

やはり「鈴が佐野の娘」だということを知っているとしか思えません。

 

でなければ、監視するのはおかしいですし。

 

それに、当時の被害者のひとりの加藤みきおを養子にしているとか。

 

この怪しい家族は、今後の展開にも関わってきそうですね。

テセウスの船4話 みんなの感想

 

由紀の勇気ある行動に感動した人がたくさんいたみたいですね。

 

やっぱり、ジーンとしましたよね~

 

あと、真犯人は誰なのか~も盛り上がっていますね。

 

さつき先生が怪しいという意見が多いですね。

 

テセウスの船4話ネタバレ感想まとめ

 

  • 書き換えられた未来
  • 姉(鈴)の怪しい家族
  • 被害者の集いで再び繋がる由紀とのきずな

 

被害者の集いに出席したおかげで、目撃者が現れるようですね。

 

でも、再び悪の魔の手が忍び寄りそう。

 

金丸さんを突き落した人物は真犯人なの?

 

心と由紀の関係はどうなる?

 

次回も見逃せません。